【文化を比較】アメリカと日本でのスマホに対する意識の違い

【文化を比較】アメリカと日本でのスマホに対する意識の違い

 

こんにちは。Minatoです。

前回の “アメリカ版モノポリー” の記事でも書いたのですが、、

先日久しぶりに姉の家に遊びに行く機会があったんですよ。

僕の姉には4人の子供がいるのですが、その内の1番上の女の子が今小学3年生ということで子供ケータイを持たせようかな、なんて話が出たんです。

 

そこで僕は

「どうせならスマホ買ってあげればいいじゃん」

って言ったんです。

わかります。

無責任ですねw

 

まぁ親としては色々な心配があるのは独身の僕でもわかるのですが、でもスマホを持つことの利点を考えればその辺のリスクを圧倒的に上回るのではないかと考えたのです。

そこでちょっと気になりまして、まさにそのスマホを使いまして、今の小学生のスマホ普及率というのをリサーチしてみましたのでちょっとここで紹介してみます。

 

ちなみにソースはこれです↓

参考:https://drive.google.com/open?id=1fUhTcJE03Cu5qYY5_wbvvE5Wt0F4_Gb2

※2016年の調査結果

 

日本の子供のスマホ所有率

 

小学4年生〜6年生

スマホ所有率:27%

携帯電話所有率:26.2%

 

ここ5年で携帯電話(いわゆるガラケー)の所有率は右肩下がりなのに対してスマホの所有率は圧倒的に上がっています。

親御さん方も子供に早くからスマホを持たせて上げたいという意識が高まってきたのかな、という感じはうけますね。

 

次に

インターネット利用率:61.1%

機器の利用率:84.2%

という結果ですね。

 

所有率に対して利用率は圧倒的に高いです。

親のスマホやパソコン、タブレット、または兄弟、姉妹、はたまた家族で共用している機器などを含めれば小学生の子供であれ、ネットへアクセスするハードルというのはものすごく今の時代は低いということがわかります。

また、インターネット利用だけでなくスマホやタブレット、パソコンを使ってゲームなどもするようになってきたことがわかります。

 

親の立場からいっても共同で使っていれば管理の元なので安心という感覚があるのでしょうね。

 

その次に用途ですね。

スマホやいずれかの機器に関わらずこの項目に関してはどちらもゲームが1番高いです。

 

スマホ 79.0%

いずれかの機器 78.1%

 

その後はどちらも同様に

 

動画視聴コミュニケーション情報検索

という風に続いてきます。

 

さらにインターネット利用に関する保護者の取組という項目では、保護者の管理下の元で子供がスマホやネット機器を使用している割合がなんと95.7%とほぼ全ての家庭ですね。

こういう風に統計を見てみると、インターネットや機器でゲームを利用する割合は高いものの小学生の子供にスマホを所有させるというのは意外とまだ少数派のようですね。

 

 

アメリカの子供のスマホ所有率

 

ではここで一旦視点を変えてアメリカではどうか見ていきましょうか。

 

参考:http://www.nielsen.com/us/en/insights/news/2017/mobile-kids–the-parent-the-child-and-the-smartphone.html

 

こちらも上記の日本の統計と同年、2016年の調査結果です。

ここでは10~12歳までの間でスマホを所有&契約し始めた割合は45%となっています。

 

その中でも10歳からの所有というのが22%で最多。

 

その次に

8歳(16%)

9歳&11歳(15%)

という感じで続いていきます。

 

日本と比べ、倍とはいかないけれども圧倒的に高いですね。

これは単純に見てみるとアメリカの小学生のスマホ普及率が高く、日本が圧倒的に遅れている。という風に言えるかもしれませんが、もう少し深く見ていきましょう。

 

ここで注目していきたいのはこの表です。

Why Do Parents' Get Kids Wireless Plans?

出典:http://www.nielsen.com/us/en/insights/news/2017/mobile-kids–the-parent-the-child-and-the-smartphone.html

 

“何故13歳より前の年齢で子供に携帯電話を持たせるのか?”という質問に対して

“連絡を取りやすくなるから”

というのが圧倒的多数で90%

 

その次に

“どこにいるかすぐにわかるから”

というのが80%

 

子供が買ってとずっとお願いしていたから(66%)

早くテクノロジーに慣れてほしいから(65%)

家族割で安く契約できるから(62%%)

 

というふうになっています。

 

そして次に用途です。

テキストメッセージ(メール)(81%)

アプリ(59%)

ゲーム(53%)

インターネット&ウェブサイト(53%)

ビデオコール(46%)

ここで大事なのは、

日本の統計ではゲームが1番でしたがアメリカではテキストメッセージ

が最も高い用途です。

 

 

結果として

 

さて、この2つの国の調査結果を見比べてみていかがでしたでしょうか。

面白いですね。

 

早くから子供にスマホやネット環境を持たせることにネガティブな面とポジティブな面があるのはもちろんですが、この日米の2つの統計を見て、アメリカではネットの中の危険よりも、外の危険の方がより問題視されている、ということが言えるのではないでしょうか。

 

アメリカでは高校生になって車の免許を取るまで、基本的には学校に行くのはスクールバス、校内で乱射事件などがあったりするし、治安の悪い地域なんかも珍しくないですよね。

日本のように小学生から一人で歩いて登校なんていうことは考えられないほど、やはり外の危険要素が比較的多かったりするので、親の立場からしたらすぐに連絡が取れたり、GPSが付いていて居場所がわかるというとやっぱり早くから持たせたいのかもしれませんね。

 

一方日本ではネットに潜むリスクや、見えないところでの危険要素などをみなさん考慮して持たせなかったりしているのかもしれません。

逆に言えば、日本は街中はめちゃめちゃ安全ですが、ネットの中はそうでもない。ということもいえると思います。

 

「ネット犯罪を無くそう」というのは

途方もないことですが、学校や大人が子供にネットリテラシーを教えてあげて、安全な使い方を自然と身につけられる環境作りくらいは出来るのではないでしょうか。

この統計結果で、日本は安全だから携帯を持たせる必要が無いという結論で良いかもしれませんが、結果として日本におけるスマホ普及率が世界に比べ遅れても、僕は日本の為に良くないのかな、なんて思ったりもします。

 

さて、こんな感じで今日は日米文化比較をやってみましたが、このブログを読んでくださった方、何か意見があれば是非コメント欄に記入してください!