英語圏の小学生がやっている発音練習法

英語圏の小学生がやっている発音練習法

f:id:Minatonow:20180826212835p:plain

こんにちは。Minatoです。

本日は英語圏の小学生がやる発音練習法を紹介していきたいと思います。

 

英語を勉強していく中で発音というのはとっても大事な位置づけです。

そして最初は誰もが悩む壁だと思います。

英語を話していく中で発音をネイティブにできるだけ近づけたい!と思うのは当然だと思います。

そこで今日は英語圏の子供達が発音矯正としてやっている練習方法の一つである “フォニックス” をご紹介します。

 

フォニックスとは?

フォニックス(Phonics) とは英語において綴りと発音のルールを明確にし正確な発音を覚えさせる練習法の一つです。

日本でも小学校低学年や幼児など、五十音の発音をやりますよね。

英語圏の国にも同じようなものがあるのですがそれがフォニックスです。

ABCの歌というのがありますが、それとはまた違って、実際の単語の綴りのなかでアルファベットの発音はこういうルールの基で変わるんだよ、というのを覚えることができます。

子供がやるような練習法なのでとても面白く、リズムに乗ってやるので耳に残りやすく楽しく効率よく発音矯正が出来ます。

ここでフォニックスのメリットをわかりやすく出していきます。

 

①アルファベット一つ一つの音がわかるようになる。

f:id:Minatonow:20180821051709j:image

出典: https://www.winbe.jp/sp/phonics/

 

この表にもあるように、英語のアルファベットには一つ一つ音が存在します。その音を覚えれば日本のカタカナ英語によくあるような余計な母音を付けずに自然なネイティブの方々のような発音で英語を話せるようになります。

例えば私たちは日本人は、

Running→Ran nin guのように

最後の “g” に余計な “u” を付けてしまいがちですよね。

長年カタカナになれてきたので当然のことですよね…

フォニックスをやれば、アルファベット一つに対して一つの音がある、ということがわかるようになります。

 

②綴りや英語の“音のルール”がわかるようになる

そしてそのアルファベットの綴りや組み合わせによってこれはこういうふうに音が変わるんだよ、とかこれとこれを組み合わせたらこういう音になるんだよ、というようなルールももちろん存在し、フォニックスではそれを徹底的に学ぶことが出来るのです。

例えば、

Time

こちらはカタカナ読みで読むと

タイム(ta i mu)

ですが

本来は

t ái m

という風に読みます。

最後に “e” がくる単語 (Take, Cake, Make, Like, Fake, Bakeなど) は“e” は脱落して、中の母音(Timeの場合 “i”) はアルファベット読み (アイ) になります。

なので、“Time” の読みは

ta i mu

t i mu

tai mé

などではなく

“t ái m”

になるのです。

という風にほとんどの英単語の発音にはルールが存在しそれをフォニックスの練習法によって覚えられるというものです。

 

③音を聞くだけでスペルがわかるようになる

発音がよくなるということは、同時に英語を聞き取ることができるようにもなります。

逆に言えば発音の仕方が分からなければ、いくらその英単語の存在や、意味を前もって暗記していても会話では全く意味がないです。

発音練習をやれば最終的に聞いただけで英語のスペルがわかるようになります。

リスニング向上の近道は実は発音練習なのです。

 

④私達日本人には分かりづらい微妙な音の違いが分かるようになる

例えば、

Sit (座る)

Shit (クソ)

Thing (物)

これらの単語を全てカタカナに書き換えると、

シット

シット

シング

という感じになりますよね。

しかしこの最初の “シ” の部分、英語ではかなりの音の違いがあります。

日本語には無い音を細かく学ぶことができます。

という感じで、フォニックスは科学的に徹底的に研究されて完成された発音練習方法であり、様々なメリットがあります。英語圏の子供たちに広く行われているだけあり、かなりの人が信用を置いているものです。聞くところによると、大阪の小学校では早くも英語の授業にフォニックスを導入したとか。

ということで、

今日はフォニックスについてかなりゴリ押し(笑)してきましたが、これに関しては本当におすすめです。

僕も英語の伸びに行き詰まりを感じていた時にフォニックスで半年間徹底的に発音矯正(もちろん一人で)をしたら圧倒的にネイティブの人に通じやすくなりましたし、聞き取ることも安易になりました。

 

ちなみにこちらが日本では代表的なフォニックスの練習が出来るCD付き教材です。


CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)


ではまた!
これは僕も持っているやつなのでおすすめです。