【留学中の苦い経験】アジア人に対するステレオタイプ

【留学中の苦い経験】アジア人に対するステレオタイプ

 

はじめに▼

本記事では僕が実際にアメリカに留学していた頃に経験した、または感じた「アジア人に対してのステレオタイプ」というものをご紹介したいと思います。

また、僕がいたところはアメリカのインディアナ州ですが、アメリカということもあり様々な国籍の方と接する場面もありました。

 

その中で経験したことなので、アメリカ人だけではなく、「他の地域から見て一般的なアジア人」という感じでご紹介していきたいと思います。

 

日本もアジアの国

日本は明治維新以降西洋文化を広く受け入れてきて、多様な文化が日本にはあるとは言え、地域はもちろんアジアですので、アジアの国々の一つではあります。しかし、他のアジアの国同様、一つ一つ全然違う歴史があり、文化も全然異なるのだから、「アジアの国」で一括にしてほしくない、というのが、我々日本人の一般的な思うところではあると思いますが、、、

 

多くの日本人含む他の国の方々が、アフリカやヨーロッパの国の違いがイマイチわからないのと同様、アメリカ含む多くの国では「アジアってこんな感じでしょ」というステレオタイプを持っています。

 

ではそれらを詳しく見ていきましょう。

 

アジア人だから犬食べるっしょ?

これはかなり一般的なアジア人に対するステレオタイプです。確かに今でも北朝鮮で犬肉は多く消費されていて、中国の田舎や韓国でも歴史的には犬食文化はありますが、日本含む多くのアジアの国々では犬を食べません。しかし、実際に僕も「本当に犬食べるの?」という風に聞かれたこともあるし、多くの方々が勘違いしていることだと言えます。

 

また、日本でもクジラを食べる文化が昔からあるせいか、「アジア人は何でも食べる」というイメージがあるのは事実です。しかし、それが誇張されて「日本ではイルカやクジラを日常的に食べている」という風に思っている人もいます。現在の日本では、クジラやイルカを食べられるところはあっても「日常的」ではないので、そんな方がいたらしっかりと否定しましょう。

 

アジア人は目がつりめ

これは差別に近いかも知れませんが(ていうか差別ですねw)、そういうイメージを持たれているのは事実です。

 

 

「アジア人はみんな同じ顔」に見えるみたいです

。僕もしばしば「中国人、韓国人、日本人で区別できる?」という風に聞かれたことがありました。

 

僕もアフリカの方や白人の方の区別は難しいので、「そりゃそうか」ってことで流しました。

 

 

アジア人はみんな”Ching Chong Language”を話す

 

”Ching Chong Language”とは読んでそのまま”チン チョン言語”ということで、主にアジア人以外の人達が中国語を馬鹿にする時に表現される言葉です。

 

つまり中国語→チン チョンと言っている風にしか聞こえないということです。

そして、これは僕も言われたことが数回あります。

 

つまり、日本語含むアジア圏の言葉はすべて同じ音(中国語のように)に聞こえるというステレオタイプを持っている人は多くいます。

 

 

アジア人はみんな頭が良い

 

これもアメリカでは広く浸透しているステレオタイプです。

「アジア人なのだから当然数学は出来て、コンピューターには詳しいでしょ?」的な感じで話を進めてくるので注意が必要です。

 

僕もインディアナ州の大学にいた頃はジャーナリズムを専攻していましたが、「なんでアジア人なのにそんな地味な教科勉強してるの?もっとテクノロジー系勉強したら良いじゃん!」って言われたのを覚えています。

 

また、「なんでお前は日本人なのにそんなにアホなんだ」って言われたこともあります。笑

つまり、マーシャルアーツや禅などのイメージが強いアジア人は勤勉でおとなしく、礼儀正しいイメージがあるということですね。

 

 

アジアと言えば「中国」、「日本」、「韓国」

 

アジアと言えば多く知られているのがこの東アジア3カ国です。

「他の国なんて知るかよ笑」という方も本当に多いです。

 

みんな同じような国でしょ?

 

「出身はどこ?」、「日本だよ!」、「じゃあ中国語喋れるんだ?」、「なんでやねん笑」、

ていう会話が留学中にありました。

また、日本人である僕に対して、「ニーハオ」や「アンニョンハセヨ」という風に挨拶してくる人もいました。

 

「中国語で会話は出来なくても理解はできるでしょ?」というふうに思っている人は本当に多いと思います。

なぜか”アジア出身”という風に一括にされがちではあります。「アジア」が国で「日本」は地域だとでも思っているのか…?

 

まぁヨーロッパ出身の人全員が英語を話すわけではない、ということですね。。

 

 

ステレオタイプは仕方ない

 

という感じで、本日は「アジア人に対してのステレオタイプ」を見てきましたが、日本人として不快に思うことも多々あると思いますが、「これが現実」であり、多くの日本人や海外の人も同じように他文化に対してのステレオタイプはあると思いますので、「お互い様」ということで受け入れましょう。

 

そんな勘違いをしている人がいたら、しっかりと否定して教えてあげるのが良いかも知れませんね。