【レアジョブの評判や料金】留学中の筆者がガチで評価してみた

【レアジョブの評判や料金】留学中の筆者がガチで評価してみた

出典:レアジョブ

 

こんにちは。本記事はミナトのすゝめ「英語学習法」に関しての記事です。

最近では英語学習に関してもかなり便利になってきて、様々な教材やオンライン英会話などもたくさんありますね。

 

レアジョブはそんな「オンライン英会話」の大手の一つです。

結論から言いますと、レアジョブはおすすめです。

 

ということで、本記事では筆者の実際のレビューや体験談を含め、レアジョブのサービス内容や料金体系、「どんな人におすすめなの?」ということに関して詳しく解説していきます。

 

本記事の信頼性

 

 

こちらは僕のYouTubeチャンネルです。

この動画では「なぜウォルマートは日本で成功しなかったのか?」ということに関して海外の方に向けて説明しているものです。

 

というのも、現在アメリカの大学に通っていて、大学内でアメリカの方や海外から来ている他の留学生に日本語を教えています。

このYouTubeチャンネルは、「オンラインでも日本語や日本文化を学べるように」と主に生徒さんたちに向けて作っているものです。

 

僕の英語は全然まだまだなのですが、おそらくこの記事を読んでいただいている読者の方と同じように必死に英語を勉強している身でもあります。

 

オンライン英会話に関しては無料体験レッスンを通じて、レアジョブだけでなく「ほぼすべてのサービス」にお世話になりました。

その中でレアジョブに関して詳しく書いていきます。

 

本記事においての「信頼・担保」には一応なるのかな、と考えています。

 

 

レアジョブ

 

 

「レアジョブってそもそもなんなの?」ということですが、オンライン通話を通して外国人の方と英語を話したり、英語のレッスンを受けられるサービスのことです。

「オンライン通話」ということですが、レアジョブはスカイプではなく独自のアプリ・ブラウザがあり、その中の「レッスンルーム」で行います。

 

なので「スカイプ」のやり方がわからなかったり、新しくスカイプのアカウントを作る必要もないので便利ですね。

では次に料金とシステム内容を見ていきましょう。

 

1ヶ月の料金

 

 

1レッスン25分、毎日受けられるのでかなり安いですね。

個人的にはこの「毎日受けられる」という点がオンライン英会話の素晴らしいとこだと思っていて、毎日25分英語で挨拶から日常的な会話、世間話やビジネス系の話まですることによってかなり英語が伸びます。

 

各コースの比較

上の料金体系を見てもわかるように、レアジョブは日常英会話、ビジネス英会話、学生の3コースがあります。

 

ビジネス&学生コースは日常英会話に比べ、少し割高ではありますが、TOEICを勉強している方や、受験に向けての英語を勉強したい方など、そのへんの「専門的な英語」をやりたい方は少しお金を出してもかなり価値のあるものかと思います。

 

逆に「留学したいな」という方や、「英語で普通に会話できるようになりたいな」という方は日常英会話コースで全くもって問題ないですね。

 

講師陣

 

レアジョブの講師陣はフィリピンの方々になります。

というのも、フィリピンは歴史的・文化的な要因から多くの方が英語を堪能に話せるからです。

 

実際に筆者もフィリピンには行ったことがありますが、基本的にはみんな英語を話せます。

 

「ネイティブじゃないんだ…」

「でもなまりとかあるでしょ?」

 

こんな疑問をお持ちの方も多いと思います。

確かにフィリピンなまりは存在しますしネイティブの英語とは少し違います。

 

ですが、個人的には僕はそのへんは気にしません。

というのも、世界の英語話者の8割はフィリピン人や私たち日本人のような「非ネイティブ」と言われています。

 

つまり海外で英語を使って仕事をしようと思えば、英語ネイティブよりも非ネイティブの方と関わることの方が多いこともあります。

 

「自分は将来絶対に英語圏で働く」

「通訳の仕事をしたい」

「ネイティブのような英語を話したい」

 

こんな方はネイティブとレッスンした方がいいかと思いますが、僕はネイティブ並に話せるようになる必要はそもそもないと思っているのでレアジョブの講師方々でも十分すぎますね。

 

講師の方々の中には「アメリカに長年住んでいた」という方や、現在アメリカ在住のフィリピン人の方も多いので、そのへんの講師の方は「ネイティブ」と変わりありませんね。

 

日本人スタッフもいます

個人的に僕は「初めてオンライン英会話を試す方」や「英語にまだ不慣れな方」はレアジョブが一番おすすめですね。

 

というのも、レアジョブには日本人スタッフによる手厚いサポートが受けられます。

例えば英語学習においてのコツや、目標設定、お悩み相談など色々な面でサポートしてくれます。

 

「電話がつながらない」

「やり方がよくわからない」

といったテクニカルサポートもかなり優しく丁寧なサービスがあります。

 

これに関して他社と比較した時にレアジョブの最も優れている点かなと思います。

 

教材と内容

 

レアジョブには4000を超える教材数があります。

上でも書きましたが、「まだ英語に不慣れ」という方や、「自分の英語力がイマイチわからない」という方はまずはレアジョブを試してみるのが良いと思います。

 

というのも、レアジョブには「スピーキングテスト」というのがあり、自分の英語力を総合的に図ることができます。

そこでわかった自分の英語力に応じてレッスンに使う教材を選ぶので、より効率的なレッスンを受けることができます。

 

 

例えば、日常会話ならこのように「基礎」から「上級」まであり、それぞれレベル別の教材があるのでわかりやすいですね。

 

僕は基本的にフィリピンや日本の文化について話したり、政治やニュースのことについて議論したりするのが好きだったので、よくそのへんの話題を提案してもらっていました。

「今日話すことないなー」なんていう日もありましたが、講師の方から色々とやることを提案してくれるのでかなり助かります

 

口コミとレビュー

 

 

 

 

 

 

 

体験レッスン⇨無料

 

 

「ちょっと気になるな」

「英語話せるようになりたいけどな…」

 

こう思った方、体験レッスンは無料なので「どんな感じなのかな」という方はとりあえず初回のレッスンだけでも受けてみても損はないですね。

本屋さんに行って数千円の教材をとりあえず買ってそれ以降使わなくなるとかよりは圧倒的に良いかと思います。

 

良い時代ですね。

当ブログでも度々書いているのですが、どの分野でもまずは始めてみて「やっているうちにわからないことに直面したらその度に勉強する」のが上達のための最も効率的な方法かなと思います。

 

まずは英会話を始めてみて、聞き取りが難しければ聞き取りの練習、単語がでてこなければ単語をひたすら覚えるなどなど、とりあえずやってみると自分のできないことが「明確」になるのでおすすめです。

 

普通に楽しいです

 

筆者は今現在アメリカに住みながら大学の授業、ブログの執筆などもあってわりと忙しく生活できています。

だからこそ最近ではオンライン英会話はできていないのですが、余裕ができてきたらまたやってみたいなと思っています。

 

「アメリカにいるなら現地の人と話せるからいいじゃん」

 

こう思う方も多いかと思いますが、オンライン英会話の一番良いところは英会話向上もあるのですが、色々な人(講師)との出会いや会話を楽しめるのも醍醐味です。

毎日違う人やお気に入りの講師の方とお話をするのは普通に楽しいので、毎日続けられます。

 

毎日やっていた頃は、毎朝25分の英会話が楽しみでした。

そのくらいハマりますね。

 

レアジョブおすすめです。