【海外から見た日本】世界が持つ日本人に対する10のステレオタイプ

【海外から見た日本】世界が持つ日本人に対する10のステレオタイプ

 

はじめに▼

先日【留学中の苦い経験】アジア人に対するステレオタイプということで主に世界から見た「アジア人」のステレオタイプを詳しく解説していきました。

 

中には日本人として見るに耐えない嫌なものがたくさんありましたが、笑

「アジア人」だけでなく、「日本人」もある特定の見方で海外の人からは見られることがしばしばあります。

 

なので本記事では「日本人」オンリーで見ていきたいと思います。

これは僕がアメリカで生活していた頃感じたことや今でも海外のメディアなどでしばしば取り上げられることを主に書いていきます。

 

その度に参考文献として資料は載せていきたいと思います。

 

日本人って海外からどういう風に見られてる?

 

特に日本人の方は「海外から日本はどういう風に見られているのか」ということを気にしがちな傾向がありますが、ざっくり言うと日本はかなり好印象だと思われます。

 

しかし、中には全然日本のことが分かっていなかったり、全く見当違いなのも含まれていますので、「日本は海外から好かれている」とは一概には言えません。

我々日本人もヨーロッパやアメリカの方に対する一定のステレオタイプがあるのと同様だと考えればフェアですね。

 

では次に実際にどのように見られているのか、そのステレオタイプを詳しく見ていきましょう。

 

 

日本人→メガネ+出っ歯+首からカメラぶら下げてる

出典:日本人 (ステレオタイプ) – Wikipedia

 

大体こんなイメージです。嫌ですね。笑

 

他にも、女性だったら内向的で男に従順というステレオタイプを持たれています。

 

黒人→ラップ上手くて運動神経抜群

アメリカ人→肥満+銃を持ってる

中国人→目が細い

イタリア人→チャラい

 

大体こんなイメージがあるかとも思いますが、ステレオタイプは古今東西、しょうがないものだと捉えるしかないですね。

 

 

日本人は勤勉で死ぬまで働く

 

【留学中の苦い経験】アジア人に対するステレオタイプの記事では「アジア人は勤勉」という風にみられがちと書きましたが、日本人はその筆頭です。

 

それは主に日本の「空手」、「茶道」、「禅」などの文化から影響していて、アメリカではそのような日本の文化(空手などを)を学校で習うこともあるのでアジアの文化=日本のイメージ⇐これががとても強いと言えます。

 

さらに海外のニュースでは「日本人が過労死した」や、「過労からの自殺」というのが残念ながらよく取り上げられてしまいます(万人受けするため)。

したがって、日本人は会社に対しての忠誠心があることや、死ぬまで働くんだ、というイメージが付きやすいというのがあります。

 

 

日本人は頭が良くて、独創的

 

こちらも【留学中の苦い経験】アジア人に対するステレオタイプの記事では「アジア人に対してのステレオタイプ」として取り上げましたが、これも日本人はその筆頭と言ってもいいと思います。

 

僕もインディアナ州の大学にいた頃はジャーナリズムを専攻していましたが、「日本人なんだから、もっとテクノロジー系勉強したら良いじゃん!」って言われたのを覚えています。

 

また、「なんでお前は日本人なのにそんなにアホなんだ」って言われたこともあります。笑

日本人は勤勉でおとなしくて、頭が良いと言うのは世界共通の日本に対してのステレオタイプですね。

 

 

毎日寿司を食べる

 

食べませんね。笑

これはアメリカでよく言われています。

 

イタリア人→ピザ&パスタ

日本人→寿司&日本酒

 

私たち日本人も、アメリカ人→ハンバーガー&ホットドッグのイメージが強いのと同じかも知れませんね。

また食べ物で言うと、日本人は「クジラ」や「イルカ」を日常的に食べると勘違いしている人も未だに多いのでそのようなことがあれば訂正してあげましょう。

 

 

アニメとマンガ大好き(毎日コスプレ)

 

確かにみんなアニメ&マンガ好きだけど、みんながみんな熱狂的ではないですよね。

 

海外のアニオタに会うと、よくわからないアニメの名前とか主題歌とかを出されて、知らないと、「君本当に日本人かい?」みたいな感じで言われることもあります(腹立つ笑)。

 

 

礼儀正しくておとなしい

 

日本人はお辞儀をする文化があり、茶道や禅では正座をするので、そのイメージで「日本人はみんな礼儀正しいんでしょ」というステレオタイプがあるのは事実です。

 

僕もアジアやアメリカなど海外の国々をしばしば行く機会がありますが、どこも日本とさほど変わらないです。みんな同じくらい礼儀正しいですよ。

 

 

中国人と日本人の区別がつかない

 

僕がアメリカにいた頃にしばしば「日本人、中国人、韓国人で区別できる?」とか、日本人である僕に向かって、「ニーハオ」や「アニョハセヨ」などど挨拶してくる人もたくさんいました。

 

また、「日本ってそもそもどこ?」とか、「東京って中国だったっけ?」という海外の人も少なくありません。

 

 

日本は世界で最も変な国

 

日本は独特の文化がありすぎるせいからか、「変な国」として見られることが多々あります。

 

例としてあげるならば、生の魚を食べる文化があったり、アニメ&マンガ、自殺率、日本のAVなどなど。

日本は世界から見て珍しい文化を持つ国でもあります。

 

 

日本は建前社会

 

日本人は建前でしか人と接っしないというイメージを持った海外の人もたくさんいます。

 

「Tatemae」という英語もあるくらいなので日本の「建前社会」というのは広く知れ渡っていますが、みんながみんなそういうわけではないので、そんなステレオタイプを持った人がいたら訂正してあげましょう。

 

 

第二次世界大戦関連のステレオタイプ

 

日本は第二次世界大戦で枢軸国として、アメリカ、イギリス、中華民国などの連合国と戦争をしましたのでその時の日本のイメージをそのまま現代の日本と一緒に見ることも多いです。

 

実際に英語で「Banzai(万歳)」や「Kamikaze(神風)」などの単語があるように、日本人→無慈悲で残虐的&捨て身で戦うというイメージを持っている人も少なからずいるのも事実です。

 

さらに、日本人の前では「広島・長崎」については絶対にタブーだと思っている人も多くいます。

 

ステレオタイプはしょうがない

 

ということで本日は「世界が日本に持つステレオタイプ」ということで見てきました。「日本は海外からこのように見られている」ということを、良いことばかりではなくマイナスなことまで知っていると、実際に海外に行った時に「日本はそんなじゃないよ」という風に指摘がしやすいかと思います。

 

間違いだらけのステレオタイプは世界共通で全ての国にあるものだと思うので、大事なのはそれをどう受け止めていくかですね。

 

 

「海外で日本はどのような立ち位置なの?」

「海外では日本人はどう見られているんだろう」

こんな方、以下の記事にもっと詳しく書いてあります⇩